MLB大谷翔平の投手としての今シーズンは困難に

メジャーリーガーでエンゼルス所属の大谷翔平が、右腕の違和感によるMRI検査を受けた結果、グレード1から2の右前腕屈筋回内筋痛であると発表。投球練習を再開するには4~6週間を要する見込みだが、大リーグの今シーズンは残り8週間しかない為、投手としてマウンドに上がれる可能性は極めて低くなった。

関連記事

PAGE TOP
テキストのコピーはできません。